サーフィンと地方移住を両立するためのコツとアイデア

サーフィンに関する豆知識
この記事は約10分で読めます。

サーフィンと地方移住を両立することは可能です。

しかし、移住先の選択や生活費など、慎重な計画と準備が必要です。

まずは自分がどのような生活を求めているかを考え、それに合った移住先を探すことが大切です。

地方移住を考えるサーファーは多いですが、その実現には様々なコツやアイデアが必要です。

サーフィンと地方移住を両立するためのコツやアイデアとは何か?

今回の記事は、地方のサーフポイントに移住しようと計画を立てたり、移住しようと考えている方に向けて

サーフィンと地方移住を両立するためのコツとアイデア

について解説していきます。

サーフポイント近くに住むことで一番良かった点

それは『毎日のサーフィンが可能になったこと』です。

仕事や生活スタイルをサーフィンに合わせることができ、

気持ちよく波乗りができたことは本当に素晴らしい体験でした。

また、地域性や生活習慣も違い、普段の生活にアクセントが加わり、新しい発見がたくさんありました。

しかし、住む地域によっては、生活に必要なものがそろっていなかったり、

仕事や人間関係の面で課題があったりと、悪かった点もありました。

地方に住むということは、都会とは異なる環境で生活することになるため、

慣れるまでには時間がかかることもあるかもしれません。

しかし、サーフィンが大好きな人にとっては、

それでもサーフポイント近くで生活することは魅力的な選択肢であり、

新たな発見が待っているかもしれません。

サーフィンと暮らす、地方移住のメリットとデメリット

まずはじめに

サーフィン出来る環境に移住するということは、今まで住んでいた地域と違うということです。

地方のサーフポイントに移住することは、

メリットもあればデメリットもあるため、よく検討してから決断する必要があります。

それでもサーフィンをすることが夢だという方にとっては、

地方でのサーフィン生活を実現するために、工夫や努力が必要かもしれません。

地方に移住するメリットとは?

まず、メリットとしては、毎日サーフィンをすることができることです。

自分の好きな波を選ぶことができ、朝イチサーフや夕方のサーフィンなども気軽に楽しめます。

また、自然に囲まれた環境で生活することができるため、ストレスフリーでリラックスした生活を送ることができます。

住んでいる地域の文化や伝統を身近に感じることができ、新しい人脈や出会いも期待できます。

  • 『波があれば毎日サーフィン出来る』
  • 『時間の余裕と周囲の環境の良さ』

この2点は移住するメリットといえます。

時間と費用が節約・時間の都合をつけやすくなる

地方に移住してサーフポイントに近い場所に住むことで、通勤や生活にかかる時間や費用を節約することができます。

時間をかけてサーフポイントまで行く費用や時間に余裕ができ、サーフィン後の予定も組みやすくなります。特に子育て家庭では重要なポイント

周りの環境が良く心が豊かになり、ゆとりが出来る

自然に囲まれた環境で暮らすことで心が落ち着き、豊かな気持ちになることができます。

サーフィンをすることでストレス発散やリフレッシュもでき、

日々の生活にゆとりが出来るようになります。

また、地方ならではの豊かな食材や文化に触れることもでき、生活を豊かにすることができます。

都会に住んでいると人混みで毎日限られた時間の中で

毎日バタバタし、通勤ラッシュや渋滞、イライラやストレス社会が当たり前の生活環境です。

移住することで

地方や離島に移住すれば通勤ラッシュもなく渋滞も関係なく、毎日、ゆとりがある生活が出来ます。

また周囲の人たちにも恵まれることが多く、毎日充実した生活を送れるようになります。

地方に移住するデメリットとは

一方で、デメリットとしては、

地方に移住する際には、都会とは異なる生活面での課題が出てきます。

  • ケガや病気などの医療面が不安
  • 仕事やあらゆる職種の募集が少ない
  • 都会とは違った生活面での費用が掛かる
  • 地域での共同生活について馴染めない

仕事や生活環境が限られてしまうことがあります。

地方によっては、職種や求人情報が少なく、就職や転職が難しい場合もあります。

また、大都市と比べて施設や商業施設が限られているため、買い物や生活必需品の調達が困難になることもあります。

また、これらのデメリットも、地方移住を考える上で考慮する必要があります。

場所によってはない地域も:ケガや病気の治療などの医療面

医療面においては、病院やクリニックが遠く、医師不足などの問題が生じることがあります。

地方や離島に住む場合、都会に比べて医療施設の充実度が低い場合があります。

そのため、緊急事態や病気になった場合に適切な医療機関を探すことが困難になることがあります。

これらの問題は、地方に移住する場合には十分に注意しておかなければならない点です。

地方や離島の場合、検索しても出てこない病院もあるかもしれませんので、

移住する前に地域の市町村で調べておきましょう。

また病院もどういった病院や専門医があるか調べておきましょう。

・全国の病院検索・歯医者検索【お医者さんガイド】 (10man-doc.co.jp)

引用元 https://www.10man-doc.co.jp/

求人募集が少なく希望の職種が少ない仕事面

仕事についても、都会に比べて求人が少なく、希望する職種に就くことが難しいこともあります。

住む地域に仕事が出来る職種があれば問題ありませんが、無ければ遠くまで通勤しないといけません。

また仕事が金銭的に低い職業だったり希望する職種は無いかもしれません。

海の近くの職業案内では漁業やホテルや旅館関係の仕事、農業などといった肉体労働が多くなります。

住む地域でどんな職業が盛んなのか事前に調査することで後々助かります。

移住する前に移住する地域の仕事を探してみましょう。

《日本全国の職業安定所サイト》

・ハローワークインターネットサービス – トップページ (mhlw.go.jp)

引用元 https://www.hellowork.mhlw.go.jp/

意外と地方の生活費は高い:生活コスト面

生活するうえで特に考えなければならないのが、生活コスト。

地方の生活費が高い場合もあり、意外な出費に悩まされることがあるかもしれません。

現地での物価やスーパーなど都会のような激安価格での販売店などが無く、

地域によっては、買い物に車で30分~1時間以上かかる場合もあります。

都会と違い、買い物に行くためには車も必要となるため、生活のために必要な必需品の買い置きも必要になります。

地方では1人に1台、車を所有している家庭も多く、車を使用する頻度が高いため、家族の人数によっては車の保有数も多くなりガソリン代はかかります。

その反面、賃貸住宅では駐車場込みのところがほとんどで、駐車場代は安上がりです。

住む地域の方言や伝統行事と親密な人間関係:共同生活

意外と忘れがちな問題点でもある、地域での共同生活について馴染めないという問題

地域性や方言があるため、慣れるまでコミュニケーションに苦労することもあるかもしれません。

また、地元の村祭りや伝統行事、自治会や町内会、消防団などの集会など、

地域の親密な人間関係が築きやすくなることが挙げられます。

しかし、一方で地方や田舎は都会とは異なり、保守的な考えや閉鎖的な環境が多いため、

それがストレスになることもあります。

地方に住むことで、人間関係についてはメリットもあればデメリットもあることを理解する必要があります

地方サーフポイントでの生活に役立つ補助金制度と空き家バンクの活用法

移住する際には、費用がかかることが多く、なかなかハードルが高いものです。

しかし、補助金制度や空き家バンクなどを利用することで、負担を抑えることができます。

移住先によっては、役所が補助金制度を活用していたり、家賃や初期費用を低く設定している場合もあります。

そのため、移住する際には、役所のホームページなどで情報を収集し、

補助金制度や空き家バンクを活用することが大切です。

移住することで、地域の活性化にもつながりますし、自分に合った生活を送ることができます。

補助金制度で初期費用をおさえる

近年は、地方移住に対して補助金制度が整備される自治体が増えています。

特に、コロナ禍以降、地方の活性化や過疎化問題を解決するための政策として注目されています。

自治体によっては、子育て支援や住宅補助、転職支援などの補助金制度が設けられており、

引っ越し費用を抑えたり、住宅を手に入れやすくしたりすることができます。

補助金を利用することで、地方移住に必要な初期費用を軽減できるため、移住を考える人にとっては大きな支援となります。

役所のHPや補助金サイトを確認することで、地方移住に必要な情報を得ることができます。

《地方で起業や移住を考えている方の補助金制度サイト》

引用元 ・起業支援金・移住支援金 – 地方創生 (kantei.go.jp)

・認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター 地方移住や田舎暮らしをサポートする移住相談センター (furusatokaiki.net)

空き家バンクの利用で毎月の費用をおさえる

引っ越しの際には、初期費用として家賃や敷金礼金が必要となり、

その負担が大きな問題となっています。

そこで、最近では空き家バンクという制度が注目されています。

空き家バンクを利用すると、安く家賃を抑えることができるだけでなく、

生活維持費の負担も軽減されます。

これからの地方移住においては、空き家バンクを活用することが、負担を軽減する大きな手段の一つとなっているのです。

空き家バンクは各都道府県にサイトがあり、引っ越し先の地域の市町村の役所で確認することができます。

《日本全国の空き家バンクサイト》

引用元 【空き家バンクジャパン】全国版 (akiya-bank-japan.net)

サーフィンと地方移住を両立するためのコツとアイデア

サーフィンを楽しみながら移住するためには、

移住先についてしっかりと情報収集を行う必要があります。

情報収集というと難しく聞こえますが、現在はインターネットが発達しているため、移住先の情報収集がしやすくなっています。

例えば、移住先の市町村のホームページや、地域の観光案内サイト、

ブログやSNS、口コミサイトなどを利用することができます。

また、移住する前には移住先で知り合いを作っておくことが大切です。

これは、移住してから地域に馴染めなかったり、孤独を感じることを防ぐことができます。

移住する前には、何回か旅行や宿泊をして、

実際にその地域の生活環境や住宅事情、サーフィンスポットなどを確認することも重要です。

このような準備をしておくことで、スムーズに移住生活を始めることができます。

"</figure
筆者たっくん

筆者が移住した三重県志摩市の国府の浜は、

サーフィンで何度も通っていた場所であり、

地元の人々やショップなどからの情報収集により、

移住がスムーズに行えました。

《移住に関してこちらの記事も参考に》

【サーフィン・移住】仕事で都会に通勤しながらサーフポイントに移住

まとめ

サーフィンと地方移住を両立するためのコツとアイデア

を紹介しました。

移住する際は、サーフィンだけでなく、生活の面でも多くのことを把握しておくことが大切です。

健康面や医療面、仕事や生活コスト、地域の共同生活や補助金制度など、

移住前に抑えておきたいポイントは様々です。

また、移住先で地元のローカルやサーフショップなどと知り合いを作ることで、

生活の情報やサーフィン情報を得ることができます。

しかし、理想と現実には違いがあるため、移住前にしっかりと情報を得て、

自分自身や家族の意見も踏まえた上で、計画的な移住を行うことが重要です。

サーフィンが好きな人にとっては、自分の好きな海の近くに住んで、

毎日サーフィンができる生活は理想的ですが、

それが自分にとって本当に実現可能なのか、慎重に判断する必要があります。

ただ、サーフィン好きなあなたが海の近くに移住し、

サーフィンを毎日できる環境に住めることは、誰でもできることではありません。

素晴らしいことです。

人生に一度は経験しても良いのではないでしょうか?

Advertisements

コメント