サーフィン人生を楽しむ50代のための腰痛対策とボード選び

サーフィンと年齢について
この記事は約13分で読めます。

サーフィンは年齢を問わず楽しむことができるスポーツですが、

50代になると体力や筋力の低下、腰痛などの問題が表面化しやすくなります。

しかし、適切な対策とボード選びで、50代でも快適に波乗りを楽しむことができます。

本記事では、50代のサーファーが腰痛と上手く付き合いながら、

サーフィンを続けるための方法をご紹介します。

50代のサーファーは、これらの腰痛対策とボード選びを意識し、

波乗り人生を楽しみましょう。

腰痛に悩むことなく、心身ともに健康的なサーフィンを続けるためのヒントが詰まっていますので、ぜひ参考にしてください。

今回の記事は

サーフィン人生を楽しむ50代のための腰痛対策とボード選び

を解説します。

この記事を読むことで、

腰痛予防と知識を学ぶことができ、サーフィン人生を長く楽しめるようになります。

体のケアを見直し、適切な予防策を実践することで、

腰痛を軽減し、サーフィンを続けることが可能です。

積極的に情報を得て、自分に合ったケア方法を見つけましょう。

スポンサーリンク

サーフィンでの腰痛はどの動作が原因?

サーフィンにおいて腰痛や関節痛が起こりやすい原因は主に、
テイクオフと長時間のパドルや波待ちです。
これらの動作は、腰・肩・首・ひざなどの関節に負担をかけ、
特に腰痛を引き起こしやすくなります。
サーフィンを楽しむためには、これらの動作による負担を軽減する方法を知ることが重要です。
ストレッチや体幹トレーニング、適切なウォームアップで筋肉や関節をしっかりサポートしましょう。
また、正しいフォームやボード選びも痛みを軽減する上で役立ちます。
サーフィンを長く続けるために、自分に合ったケア方法を見つけ、痛みの予防に努めましょう。

腰を痛める原因はサーフィンの継続する動作

サーフィンでは継続的な動作が腰に負担をかけることがあります。

  • 長時間反った状態でボードに乗る
  • カレントが強いポイントで連続してパドルする
  • 波が大きい時にドルフィン泳ぎを繰り返す

これらの動作は腰に大きなストレスを与えます。

さらに、自分の体格に合わないサーフボードを使用すると、

肩・ひじ・腰に無理な力がかかり、負担が増えます。

適切なボード選びや正しいフォームでサーフィンを行うことで、関節への負担を軽減できます。

長くサーフィンを楽しむために、自分に適したケア方法を見つけましょう。

筆者たっくん
筆者たっくん

筆者も長年の立ち仕事やサーフィンで

首・肩・腰を痛めたことがあり

サーフィン禁止令が整形外科から

出たこともありました。

サーフィン出来ないのは苦痛です

腰を痛める原因『筋肉の硬さ』

サーフィンで腰痛が起こる原因は継続的な動作だけでなく、筋肉の硬さも関係しています。

前屈時に体が硬い人は腰痛や急激な動作によるケガのリスクが高まります。

そのため、柔軟性を高めるストレッチや柔軟運動は毎日継続して行うことが重要です。

筋肉が柔らかくなることでケガや腰痛・関節痛の予防につながり、

長くサーフィンを楽しむことができます。

毎日少しずつでも継続することが大切で、これにより筋肉の柔軟性が向上し、

サーフィンを年齢を重ねても安心して続けられるようになります。

ストレッチや柔軟運動を日常的に取り入れ、サーフィンライフを充実させましょう。

腰痛予防にはサポーターを取り入れる

腰痛が気になるサーフィン愛好者には、骨盤をサポートするサポーターが役立ちます。

軽い腰痛でも「大丈夫だろう」と無視してサーフィンを続けると、

痛みが悪化し長期間波乗りができなくなることもあります。

そのため、腰痛を感じたら早めの対策が重要です。

骨盤サポーターは腰を安定させ、痛みの軽減に効果的。

これにより、腰への負担を減らしながらサーフィンを楽しめます。

腰痛対策を早めに取り入れ、長くサーフィンライフを継続しましょう。

対策として骨盤サポーターの活用を考慮し、健康的な波乗りを実現させましょう。

適切なサポーター選びで腰の痛みを和らげる

腰痛予防にオススメなのが、SURF GRIP(サーフグリップ)から出ている腰痛対策のためのサポーターです。

<この商品について>

腰部を面で支える独自のデザインプレートが特徴で

ベルトの適度な加圧で適度な血行を促進し、腰への負担と関節の硬化を軽減されます。

<ベルトサイズ>

  • S(腹囲5564cm
  • M(腹囲6379cm
  • L(腹囲7894cm

<留め具タイプ>

面ファスナー

腰のサポーターがあると腰回りの骨盤が固定され、継続するサーフィンでの動作を安定させることが出来ます。

ウェット内に着ると初めは違和感を感じますが、腰痛持ちのサーファーには腰痛の痛みを軽減する

ことが出来て、サーフィンの時の安心感があります。

サーフィンでの腰痛についての詳細はこちらのサイトがオススメです

【サーファーと腰痛】~つじロコ岡田先生に聞きました~波伝説 ニュース (namidensetsu.com)

引用元 波伝説サーフィン波情報 (namidensetsu.com)

サーフィンするなら腰痛対策を考えておく

腰痛対策としては、日常生活でのストレッチや筋力トレーニングが不可欠です。

特に腰周り、腹筋、背筋の鍛錬が腰への負担軽減に役立ちます。

さらに、サーフィン前後のウォーミングアップやクーリングダウンも大切です。

これらの習慣を維持することで、腰痛を和らげ、サーフィンを長く楽しめます。

腰痛予防においては、サーフィン中だけでなく、その前後のケアも重要です。

例えば、適切な持ち運び方法やサーフボードの扱い方も腰への影響を抑えるポイントです。

また、正しい姿勢や動作を意識し、無理なくサーフィンを行いましょう。

総じて、日常の体調管理とサーフィン時の注意点を押さえることで、腰痛対策が実現できます。

健康的なサーフィンライフを送るために、これらのポイントを意識しましょう。

腰痛を予防する4つのポイント

  • パドルを長時間連続でするのは控える
  • 毎日サーフィンするなら、それ以上のケアーが必要(疲労の蓄積)
  • 海水で冷えた体を温めるようにする
  • 柔軟・ストレッチは時間をかけて念入りにする

ただ波が良かったら柔軟やストレッチも忘れてサーフィンしてしまいます。

そこで家でもできる腰痛対策としてオススメ動画を紹介します。

こちらはサーフィンにおける腰痛対策の動画です。

参考にしてみて下さい。

サーフィンと腰痛
サーフィンされる時に腰痛が出る方はこの体操をやってみて下さい。藤沢市辻堂腰痛専門整体院 湘南ロコモケア

サーフィンにおける腰痛予防と対策は、若い年齢から実践しておくことが重要です。

特に50代から始めるサーファーは、楽しみに夢中になりがちで、体のケアを忘れることがあります。

しかし、今からでも遅くはありません。

経験者も初心者も、これからもずっとサーフィンを楽しむために、

しっかりとした予防と対策を心掛けましょう。

  • 日常的なストレッチや筋力トレーニング
  • サーフィン時の正しい姿勢や動作などを意識する

腰痛のリスクを減らし、長くサーフィンを続けられるでしょう。

今こそ、自分の体を大切にしながら、サーフィンを楽しむための対策を始めましょう。

長く続けたいなら腰に負担が少ないサーフボード選び

腰痛を引き起こすテイクオフ、波待ち、パドルといった要因を予防するなら、

50代のサーファーには適切なボード選びも重要です。

安定性と扱いやすさが求められる年代の方には、長めで幅広く厚みのあるボードがおすすめです。

これらのボードは立ち上がりやバランスが保ちやすく、腰への負担も軽減できます。

また、軽量な素材や適切なフィンセットアップも考慮しましょう。

これにより、パドリングや波乗り中の動きがスムーズになり、腰への影響を減らすことができます。

このように、テイクオフがしやすく、浮力があり、ターンしやすいという3つのポイントを満たす

サーフボードを選ぶことで、腰に負担をかけずにサーフィンを楽しめます。

年齢を重ね、筋力の低下が気になる場合でも、力を使わずにサーフィンができるボードを選べば、

体への負担を軽減できるでしょう。

このようなボード選びを通じて、長くサーフィンを続けられるよう心掛けましょう。

サーフボードの使い分け

サーファーにとって、サーフボードは個性やこだわりが詰まった大切なアイテムです。

当然、好みもそれぞれ異なります。

ただ、体のケアを目的としたサーフボードだけでは、サーフィンの楽しみが半減してしまうかもしれません。

そこで、自分の好みやスタイルに合わせつつ、体への負担を軽減できるボードを選ぶことが大切で

す。

それにより、サーフィンを楽しみながら、長く続けられるようになるでしょう。

自分に合ったボード選びを通じて、健康を維持しながらサーフィンの魅力を存分に味わいましょう。

筆者たっくん
筆者たっくん

自分の乗りたいサーフボードと

腰の悪い時でもサーフィン出来る

サーフボードをもう1枚持っておくと便利

波の状態だけでなく、体調によってもサーフボードを使い分けることが重要です。

サーフィンを楽しむ上で、自分の体調に合わせたボード選びが大切です。

体調が良い日には、チャレンジングなボードで波に挑戦し、

体調が万全でない時は、扱いやすく安定感のあるボードを選ぶことで、

無理をせず楽しむことができます。

このように、体調に応じたサーフボードの使い分けが、

サーフィンを続けられる秘訣となります。

サーフィンを長く楽しむために、自分の体調を大切にしましょう。

サーフボードの性能を考え

サーフィンを長く続けるためには、ボード選びを考えましょう。

特に50代サーファーにおすすめのポイントは、この4つ。

  • テイクオフ
  • スピード
  • 回転性
  • 浮力

腰への負担を抑えつつ、これらの性能を活かすために、

身長や体重に応じてボードの厚み、長さ、横幅を調整し、ノーズやロッカーを適度に抑えることが大切です。

こののポイントを考慮して選んだサーフボードは、腰に負担をかけずにサーフィンを楽しむことができるでしょう。

自分に適したボードを見つけて、長くサーフィンを続けましょう。

《50代のサーフィンに関してこちらの記事もオススメ》

【サーフィン・50歳】50代からサーフィンを始めるための3つのポイント

まとめ

サーフィン人生を楽しむ50代のための腰痛対策とボード選び

を紹介しました。

40代後半から50代になると、体に不調が出やすくなります。

特にサーファーは腰痛が発生しやすく、これが日常生活にも影響を与えることがあります。

腰痛を防ぐためには、体のケアとサーフボード選びが重要です。

年齢と共に体の変化に対応して、サーフボードも変えていくことが長くサーフィンを続ける秘訣となります。

体のケアを心がけ、無理をせず、長くサーフィンを楽しむためには次のようなポイントがあります。

  • 筋力トレーニングやストレッチで体の柔軟性を維持
  • サーフィン前後のウォーミングアップとクーリングダウンを忘れずに行う
  • 自分に合ったサーフボードを選び、体の変化に応じて変化させる

これらのポイントを大切にし、無理せず体をケアしながら、楽しくサーフィンを続けましょう。

老若男女が長く波に乗ることができるよう、適切なケアを心がけましょう。

Advertisements

コメント