サーフィン仲間に差をつける!賢い休憩方法で疲れを回復

サーフィンに関する豆知識
この記事は約5分で読めます。

サーフィンに行くと、どれだけラウンドをこなせるでしょうか?

特に夏場は、早朝から波が良ければ1ラウンドで3時間以上楽しむことも。

しかし、長時間のサーフィンで疲れ果て、次のラウンドが満足できない経験はありませんか?

この記事では、1ラウンド目のサーフィン後に効果的なリカバリー方法を紹介し、

疲れを残さず2ラウンド目も充実したサーフィンを楽しめるようサポートします。

今回、紹介する記事は

サーフィン仲間に差をつける!賢い休憩方法で疲れを回復

について解説します。

この記事を読むことで、

サーフィン後の休憩時間の重要性が理解できます。

ぜひ参考にして、連続ラウンドでもパフォーマンスを維持しましょう!

*ラウンドはRで表示しています(ボクシングなどの1ラウンドと同じような意味です)

スポンサーリンク

サーフィン後の休憩時間は疲れを取るため

サーフポイントに到着してすぐ波に乗り、気がつけば3時間以上が過ぎていることがよくあります。

サーフィン中は集中力や緊張感で疲れを忘れがちですが、

上がった後に肉体的疲れが襲います。

しかし、多くのサーファーは休憩よりも波の話やSNS報告に夢中になります。

2ラウンド目も楽しみたいなら、

疲れを取る

ことを優先しましょう。

良い波が続いた一日でも、疲れが残ると2ラウンド目は上手くいかないことも。

充実したサーフィンライフのために、休憩時間を大切にしましょう。

サーフィン後の疲れを取るために必要なこと

サーフィン1ラウンド後の休憩で何をすべきか?

重要なのは疲れを取ること。

精神的・肉体的な疲れを解消し、栄養補給が大切です。

具体的には、

  • 適切な食事
  • 軽い睡眠

この2つがポイント。

これらをうまく取り入れることで、次のラウンドに備えた充実した休憩時間を過ごせます。

ご自身の体調や状況に合わせて、最適な休憩方法を見つけましょう。

2R目のサーフィン前の食事は重要

サーフィン1ラウンド後、充実感で上がり小腹が空くことがあります。

これは「ガス欠状態」で、

短い休憩で再び海に戻ると集中力が落ち、良いサーフィンができません。

1ラウンド終了後は、速やかに栄養補給を行うことが重要です。

適切な栄養補給で体力回復を促し、次のサーフィンに備えましょう。

栄養補給を怠ると、パフォーマンスが低下することがあるため、注意が必要です。

この5つを運動後すぐに取るのが良いですが

  • 水分補給
  • タンパク質
  • 炭水化物
  • アミノ酸
  • ミネラル

すぐに2ラウンド目に行く場合、

手軽な栄養補給としてINゼリー飲料がおすすめ。

短時間でガス欠状態を回復させます。

1ラウンド後にしっかり昼食を摂る方は、肉類や油分の多い食べ物は控えめに。

しかし、うどんやソバだけでは2ラウンド目でガス欠になることもあるので、

バランスの良い栄養補給が大切です。

《運動後の食事の参考になりますので確認してみてください》

運動・トレーニング後の食事の仕方 | POWER PRODUCTION MAGAZINE(パワープロダクションマガジン) (glico.jp)

引用元 パワープロダクションマガジン (glico.jp)

軽めの睡眠も体力回復には必要

1ラウンド後に2ラウンド目まで時間があれば、軽い睡眠で体力回復が可能です。

肉体的・精神的リセットが大切で、短時間の睡眠が効果的。

1時間半周期でスッキリ起きるのは、浅い眠りと深い眠りが交互に来るため。

軽めの睡眠を上手に活用し、サーフィンのパフォーマンスを向上させましょう。

《1時間半の睡眠についての詳細はこちら》

睡眠時間は1時間半の倍数が良いって知ってました?! |~スポーツまとめ~ スポラボ-SPOLABO

引用元 スポーツキュレーション スポラボ-spolabo.com

サーフィン中の休憩で、炭水化物を摂取し軽い睡眠を取ることで、血糖値上昇と活力が得られます。

サーファーが昼寝する理由の一つです。

ただし、過度な睡眠は逆効果。1時間半程度の休憩を目安に、2ラウンド目のサーフィンに臨みましょう。

《自分の運動能力を調べてみたいという方はこちらがおススメ》

口腔粘膜でスポーツ遺伝子を調べる【DNA EXERCISE】

2R目以降のサーフィンは質を変えてみる

1ラウンド目後の休憩と栄養補給で2ラウンド目を迎えます。

疲れが少なければ、同じスタイルでサーフィンしてもOK。

ただし、浮力のあるボードに変えて質重視のサーフィンを試みましょう。

特に3ラウンド目も予定している場合、体力の温存を考慮したサーフィンが望ましいです。

2R目以降のサーフィンは紫外線対策も忘れずに

日焼けは体力消耗の原因の一つです。

特にゴールデンウィーク後から10月頃は紫外線が強く、目も疲れやすくなります。

活性酸素の増加により、自律神経が乱れて全身の疲労が増すことも。

2ラウンド目のサーフィンでは、紫外線対策がさらに重要になります。

日焼け防止対策を1ラウンド目以上に念入りに行いましょう。

まとめ

サーフィン仲間に差をつける!賢い休憩方法で疲れを回復」

を紹介しました。

良い波に乗るために長時間サーフィンしたくなりますが、

疲労が蓄積すると集中力が低下し、ケガや痛みの原因になります。

休憩時間には出来るだけ栄養補給・睡眠を取り、集中力を回復させ、ケガの予防に努めましょう。

これは年齢を問わず大切です。

サーフィン後のケアも忘れずに行い、次の日の疲れを軽減しましょう。

長年サーフィンを楽しむために、休憩とケアを意識的に行うことを心がけてください。

 

Advertisements

コメント