軽自動車でもゆったり快眠!サーフィンの車中泊に必要なグッズとは?

サーフィンに関する豆知識
この記事は約11分で読めます。

車中泊が流行っていますが、軽自動車での車中泊に懐疑的な方も多いでしょう。

しかし、サーフィンの道中での車中泊なら、軽自動車でも快適に過ごすことが可能です。

もちろん、ハイエースなどの大型車で車中泊すれば、自由なデザインで快適な空間を作れます。

しかし、現実的には軽自動車や普通自動車でサーフポイントに向かうサーファーも多くいます。

今回の記事は

軽自動車でもゆったり快眠!サーフィンの車中泊に必要なグッズとは?

を解説します。

この記事を読むことで、車中泊に適した便利グッズを知ることができます。

これにより、軽自動車でも車中泊を楽しみながら早朝サーフィンへのアクセスが向上します。

快適な車中泊体験を得るため、ぜひ記事で紹介されたアイテムを試してみてください。

スポンサーリンク

車中泊で仮眠する必需品は?

軽自動車でもサーフポイントの駐車場や道中で車中泊する際に便利なアイテムを紹介します。

まず、寝心地を向上させるためのマットレスや車用シートベッドがおすすめです。

次に、暗闇での活動をサポートするLEDライトや懐中電灯も重宝します。

さらに、車内の温度調節ができる扇風機やヒーターも役立ちます。

これらのアイテムを活用すれば、軽自動車でも車中泊を快適に楽しむことができます。

サーフィン道中の車中泊をもっと快適にするため、ぜひ試してみてください。

車中泊で最低限必要なアイテムは寝具と車内カーテンです。

これらがあれば、仮眠が取りやすくなります。

しかし、軽自動車では室内スペースが限られており、サーフボードやウェットスーツなどの機材も積まなければなりません。

そのため、コンパクトな車中泊装備が理想的です。

適切なアイテムを選び、車内を効率的に使いましょう。

車中泊で必要な寝具

軽自動車や小型の普通自動車で車中泊をする際、寝具のサイズが非常に重要です。

狭いスペースでも快適に仮眠ができる寝具は主に3つあります

  • 寝袋
  • 車内マット
  • 毛布類

これらの寝具を上手に利用することで、限られたスペースの中でも快適な車中泊が可能になります。

車中泊を楽しみながら、早朝のサーフィンに備えましょう。

寝袋

車中泊で寝る前の準備を最小限にし、

すぐに寝たい場合や、軽自動車のような小さな車で荷物が増えると

スペースが足りなくなることが懸念される時、寝袋がおすすめです。

寝袋は収納時に場所を取らず、コンパクトに持ち運びが可能な利点があります。

これにより、限られた車内スペースでも快適な車中泊を楽しむことができます。

マット

車種によっては、シートを倒しても完全フラットにならないことがあります。

そんな時、車中泊専用マットが役立ちます。

これによりシートの凸凹を気にせず、快適に眠れます。

車の室内サイズを確認し、自分の車に適したマットを選ぶことで、車中泊がより快適になります。

毛布類(ブランケットなど)

車中泊の時期によっては、ブランケットが便利です。

準備が簡単で、助手席に置いておくだけで、運転席で素早く寝られます。

寒い時期には、寝袋だけでは足りない場合もあり、ブランケットがあると大変助かります。

状況に応じてブランケットを活用し、快適な車中泊を楽しみましょう。

車内用カーテン

車中泊では、車検対応のブラインドシェードがおすすめです。

手作りも魅力的ですが、

完全に外が見えないと緊急時に対応できないことがあります。

取り外しやすいタイプを選ぶことで、プライバシーを保ちつつ、安全面も確保できます。

車中泊を快適に過ごすために、適切なカーテンを利用しましょう。

車中泊で有れば助かるアイテム

役立つアイテムとして、ポータブル電源と車内用ライトがおすすめです。

これらのアイテムがあれば、エンジンを切っていても電源を使うことができ、便利です。

ポータブル電源は充電器や家電製品に対応し、車内用ライトは夜間の明るさを確保。

車中泊をより快適に過ごすために、これらの便利グッズを検討しましょう。

《こちらの記事を参考にどうぞ》

ポータブル電源

車中泊では、エンジンをかけ続けることは環境や近所迷惑を考慮し避けたいもの。

そんな時に便利なのがポータブル電源です。

エンジンを切ったままでも電気を使えるため、冬の寒さ対策や車内ライト、携帯充電などに役立ちます。

最近ではポータブル電源やソーラーパネルが人気で、多くの種類が市販されています。

用途に応じた電力や使用時間を検討し、車中泊を快適に過ごすための最適なポータブル電源を選びましょう。

<ポータブル電源の詳細についてはこちらから>

アウトドアや防災に活躍!【ポータブル電源】

ポータブル電源は家庭用コンセント(AC)

USBなど 豊富な出力を装備している蓄電源です。

◆Jackeryの特徴◆

  • 正弦波 ・日本仕様の100V
  • 安全認証済み
  • 二年間製品保証
  • 無料配送
  • 目的・用途で選べる4容量240Wh〜2000Wh

いつでもどこでも電力を確保し、長時間使用することができます。

キャンプ・車中泊・夜釣りはもちろん、災害時(停電)に頼りになる存在です。

車内用ライト

サーフポイントや山間の駐車場では周囲が暗く、車内用ライトが便利です。

ただし、明るすぎるライトは外から車内が見えやすくなります。

ブラインドシェードを使用しても、携帯の明るさだけではすぐ充電が切れることがあります。

そこで、ブラインドの暗さに適した明るさの室内用ライトを選ぶことが理想です。

これにより、車中泊時に快適な明るさを確保しつつ、プライバシーも守ることができます。

 

  • USB充電式 バッテリー内蔵で、充電することで繰り返し使える
  • 3段階色調変更 ブルー、ホワイト、及びその混合色(ホワイト相当)へと色調変更が可能
  • マグネット式 ライト本体にマグネットを搭載し、設置後に取り外して多用途に使用可能
  • ON/OFF ボタンを短押し
  • 色調変更 ボタンを3秒程度長押ししてから離す

まとめ

軽自動車でもゆったり快眠!サーフィンの車中泊に必要なグッズとは?

を紹介しました。

サーフィン車中泊は、車内を快適に過ごす工夫で人気があり、YouTubeでも多く紹介されています。

季節によっては不快になりがちですが、適切なグッズと空間作りで快適に過ごせます。

軽自動車でもフラットな後部座席や車中泊向けの仕様が増えており、ホテルや民宿よりも費用を抑えてサーフィン回数を増やせます。

車中泊が無理だと思わず、自分好みの仕様にアレンジしてみてください。

ただ、たまには宿泊施設で贅沢を楽しむのも良い選択です。

車中泊を上手に活用し、サーフィンをもっと楽しみましょう。

《貸別荘で過ごすのもオススメ》

 

Advertisements

コメント