サーフィン初心者必見!レールを使ったアップスダウンのコツ

サーフィン初心者
この記事は約7分で読めます。

サーフィンを続けるうちに、上達に悩むことがありますが、

そんなときに見直すべきは「レールを使ったサーフィン」です。

サーフボードの両サイドのレールを使って波の推進力でスピードを出すことが大切です。

レールを使ってスピードを出すことで、

アップスダウンの波の斜面を横進んで進む「レールtoレール」が可能になります。

特にショートボーダーは、テイクオフはできるものの、

横に走るとスピードが出ず失速してしまうことが多いですが、

レールを使うことでスピードを出すことができるようになります。

基本的なサーフィンの技術を見直して、レールを使ったサーフィンで上達していきましょう。

そこで今回の記事内容は

サーフィン初心者必見!レールを使ったアップスダウンのコツ

を解説します。

この記事を読むことで、

サーフィン初心者でも波の斜面を横に進むための「レールを使ったサーフィン」の知識を身につけることができます。

レールを意識して使うことで、スピードを出しアップスダウンを楽しめます。

今まで上達しなかったと感じた方や、スピードが出ずに悩んでいた方も、

レールを使ったサーフィンによって、新しいサーフィンの世界が開けるかもしれません。

スポンサーリンク

レールtoレールって何?

サーファー, 海, 波, スポーツ, ビーチ, 屋外, 夏, 水, サーフ, ニューポート, ロードアイランド

サーフィン初心者の方は、レールを使ったサーフィンの基本を知らないかもしれません。

レールとは、サーフボードの両端にある丸い部分のことで、

レールtoレールとは、このレールを上手に使うことで波のパワーを最大限に生かし、

自分の体重を乗せてスピードやターンを調整することができる技術のことです。

初めは難しく感じるかもしれませんが、練習を重ねることで自然に身に付きます。

レールを意識してサーフィンをすることで、波に乗るだけではなく、よりスムーズにサーフィンを楽しむことができます。

レールを使った自分のサーフィンを見直す

サーフ, スポーツ, エルサルバドル, ボード, 波, グレースポーツ

波が小さい時やタルめの波でもスピードを出したいと思うサーファーは、

パンピングをすることが多いかもしれませんが、実際にはレールtoレールを使用する方が効果的です。

《パンピングとは?》

波の水面でパンパンと音を立てサーフボードを上下に動かし、波の力でスピードを出すテクニック。

パンピングだけだと、上半身だけの動きになり、

サーフボードに体重を乗せたサーフィンができなくなり、失速する可能性があります。

レールtoレールを使うことで、波のパワーゾーンを最大限に活用して、

スピーディーなサーフィンをすることができます。

特に小さな波でスピードを出すには、レールtoレールが重要になってきます。

波が小さい時には、レールを使うことでスピードを出すことができるので、ぜひトライしてみましょう。

レールを入れる意識っていっても

初心者でもレールを使ったサーフィンを実践するためには、自分がどの程度レールを入れられているかを確認する必要があります。

サーフィン中にレールが入るのはターンする時で、

波の斜面を下る時には自然にレールが抜けるため、スピードが出ます。

そのため、レールを意識して入れるのではなく、

ターンをすると自然にレールが入ることを理解することが重要です。

サーフィンの様子を撮影して確認することも効果的です。

波が小さい時にはパンピングを使用することがありますが、

レールtoレールを使えば、小さな波でもスピーディーにサーフィンすることができます。

レールを入れることによって、波のパワーゾーンを最大限に活用し、サーフィンをより楽しむことができます。

アップスダウンをスムーズにするために動画で学ぶ

サーフィンにはアップスダウンが必要であり、アップスダウンのイメージトレーニングが有効です。

<波のトップに行く>

ジャンプするイメージ(力を抜いて、飛び上がる感じ)

<ボトムに降りる>

ヒザを曲げ、腰を下ろす(体重を乗せる)

これにより、サーフボードにスピードをつけることができます。

イメージトレーニングをすることで、波に乗っているときのアップスダウンがスムーズになり、

スピーディーなサーフィンが可能になり自信がつきます。

文字や文章ではなかなか伝わりにくいので、

筆者が最近よく見るお気に入りのYouTube動画で

プロサーファーの河村カイサプロのアップスダウンの参考動画がありましたので参考に勉強してみてください。

(18) 【レギュラー版!】〜サーフィン〜アップスダウン フロントサイド編 – YouTube

YouTube動画引用元 プロサーファー河村カイサ – YouTube

スピードを出すためには、アップスダウンが重要ですが、

なかなか上手くできないと悩んでいる方は多いでしょう。

イメージトレーニングでイメージをつかむことが大切ですが、何よりも練習あるのみです。

同じ場所で練習することが理想的で、感覚をつかんだら忘れないように練習することが重要です。

もしアップスダウンがなかなか出来ない場合は、

サーフボードを変えてみることをお勧めします。

自分に合ったボードで練習することで、よりスムーズにアップスダウンができるようになるでしょう。

立ち位置を直すならパドルする際の体の位置から調整

海, 人々, 男, サーフボード, スポーツ, サーフ, 波, アクション

サーフィンでスピードを出したりターンをする場合、後ろ足の位置は重要なポイントです。

テイクオフの際にノーズ側に体重が寄り、前足の位置が前すぎてしまうと、

後ろ足もデッキパッドの前の方に行き過ぎてしまいます。

この状態ではフィンを使ったターンが難しくなり、スピードも上げにくくなります。

正しいスタンスを保つためには、テイクオフ時に体重を中央に寄せ、

前足をサーフボードの真ん中付近に置き、後ろ足はフィンがある位置の上に置くことが重要です。

そうすることで、スムーズにターンしたりスピードを出したりすることができます。

立ち位置は重要

サーフィンをしている中で、スピードが出なかったり小さな波に乗れなかったりする場合は、

立ち位置を調整するよりも、まずパドルする体の位置の調整が必要です。

立ち位置が前すぎる場合は、パドルするときの体の位置を少し後ろに下げて調整し、

逆に後ろすぎる場合は、パドルする体の位置を少し前に調整してみましょう。

そして、もう一度立ち位置を確認してみてください。

これで、よりスムーズなサーフィンが可能になるかもしれません。

筆者たっくん
筆者たっくん

筆者がサーフィンを始めた頃は、

重心がサーフボードの真ん中付近でした。

これは後ろ足がデッキパッドの上付近だと、

バランスが後ろに行き過ぎるというイメージがあったからです。

しかし、この姿勢ではアップスダウンが上手くいかず、

サーフィンの上達も時間がかかりました。

サーフィンの上達はなかなかしませんが、ちょっとしたキッカケやタイミングで一気に進歩します。

そのきっかけ作りに立ち位置を見直してみましょう。

まとめ

スポーツ, ウォータースポーツ, サーフィン, サーファー, サーフボード, 海

サーフィン初心者必見!レールを使ったアップスダウンのコツ

を紹介しました。

レールtoレールという基本技術を習得することで、アップスダウンの動きがスムーズになり、スピードを出すことができます。

サーフィン経験者でも、レールtoレールの使い方を知らない人は多いかもしれません。

知らないことを恥じることはありません。

サーフィン仲間やインストラクターに質問することで、新しい発見や技術を学ぶことができます。

サーフィンは熱い気持ちが大切です。

練習することで、レールtoレールの使い方が身につき、アップスダウンがスムーズになります。

サーフィンでスピードを出すことができるようになり、ターンもきれいに決まるようになるでしょう。

そして、サーフィンが楽しくなり、より深い世界へと導かれます。

サーフィンは基本が大切と言われることがありますが、それは本当に大切なことです。

基本ができていないと、どんなに高度な技術を身につけても、上達しないことがあります。

サーフィンを始めたばかりの方や、長年サーフィンをしている方でも、

改めてレールtoレールを練習してみることをおすすめします。

Advertisements

コメント