【サーフィン・初心者】初めてのサーフボード選びに迷ったら読む!

サーフィン初心者
この記事は約15分で読めます。

自宅の近くにサーフショップはありますか?

サーフボードを購入しようと思っても、自宅の近くにサーフショップがなければ、

ネットで購入しようかな?

と考えてしまいます。

サーフィン上級者やプロサーファーが友人にいたり、自宅近くにサーフショップがあれば、

サーフボード購入に関して心配事はありませんか、そういった方ばかりではありません。

自分のサーフボードが早く欲しいと思うあまり、サーフショップに行って、サーフボードの情報を聞くのも

『めんどくさい』と思い、

自己判断でネット購入される方も少なくありません。

サーフボードを購入してから

『もっと自分に合ったサーフボードを買えばよかった』

と後悔しないためにも初心者がサーフボード選びに関してのポイントをお伝えします。

今回の記事は

【サーフィン・初心者】初めてのサーフボード選びに迷ったら読む!

について解説します。

この記事を読むことで

サーフィン初心者がサーフボードを購入する時に失敗しない方法がわかり、

自分に合ったサーフボードを購入することで、サーフィンのレベルUPも早くなります。

初心者がサーフボードを購入するポイント

サーフィン初心者がサーフボードを購入する場合、どんなサーフボードが良いのだろうと悩んでしまいます。

もし初心者のあなたがサーフボードを自分で購入しようと思うなら

以下の6つのポイントを考えておくと良いでしょう。

  • サイズ
  • 板の形状
  • 材質
  • 予算
  • ブランド
  • サーフショップのスタッフに相談する

サイズ

初心者用のサーフボードは、身長や体重に合わせて大きめのボードを選ぶことで、波に乗りやすくなります。

ネットやオンラインで購入する場合はサイズチャートを確認しましょう。

 

《初心者の身長が150cm〜180cmの範囲である場合》

初心者がショートボードに初めて乗るのは少し厳しいため、できれば浮力のあるファンボードやソフトボードをおススメします。

<ファンボード>

6’6″(約198cm)から7’6″(約229cm)程度の長さが適しています。

初心者でも扱いやすく、波に乗りやすいとされています。

<ソフトボード>

7’0″(約213cm)から8’0″(約244cm)程度の長さが適しています。

初心者にとって安定性が高く、柔らかい素材でできているため、安全性も高いとされています。

ただし、身長によって適切なサイズは異なります。また、経験やスキル、体重や体格、波の状況などによっても適正サイズは変わってきます。

《おすすめ初心者ソフトボードはこちら》

ソフトボードやサーフポンチョを取り扱うサーフィン専門のオンラインショップ【ビーチアクセス】 

板の形状

サーフボードの形状によって、波の乗り方や操作性が異なります。

初心者の方は、スムーズな波の乗りやすさを重視した、フラットで太いボードを選ぶことが多いです。

サーフボードの形状によって、波に乗る感覚や操作性が異なります。

初心者の場合は、フラットなボードがおすすめです。

また、ノーズが太く、テールが幅広いサーフボード、もしくはソフトボードもおすすめのボードの一つです。

材質

サーフボードの材質には、プラスチックやエポキシ樹脂、ウッドなどがあります。

初心者の方は、丈夫で修理がしやすい材質を選ぶことが多く、プラスチックのボードやフォームボードがおすすめです。

これらは、丈夫で修理がしやすく、初心者にも取り扱いが簡単です。

予算

サーフボードは、初心者向けのものからプロ向けのものまで様々な価格帯があります。

予算に合わせて、適切なボードを選ぶことが大切です。

高級なボードほど性能が高く、デザインもカッコいいことが多いですが、

初心者には必要以上に高いものを選ぶ必要はありません。

初心者向けのボードでも十分に波に乗ることができます。

 

 ブランド

サーフボードのブランドによっても、価格や性能が異なります。

有名なブランドは品質が良く、性能も高いですが、価格も高い傾向にあります。

 

 サーフショップのスタッフに相談する

サーフショップのスタッフに相談することで、自分に合ったサーフボードを選ぶことができます。

スタッフは、サイズや形状、材質などについて詳しく知っているため、初心者の方には特におすすめです。

 

初心者がボードを購入するなら乗れることを前提に

サーフボードはサーフショップなどで見るとカッコよく見えます。

店頭で並んでいるサーフボードは中級者以上向けの物が多く、初心者向けのサーフボードは少なめです。

  • メーカーのロゴが入ったカッコいいボード
  • サーフショップで販売している短めのボード
  • 自分が気に入った形状のボード

といったイメージでサーフボードを購入しようと考えていませんか?

筆者たっくん
筆者たっくん

筆者も初めてサーフボードを購入する時はそんなイメージでした。

サーフショップの店頭にメインで並んでいるサーフボードは、

通常の固いサーフボードで、見た目からカッコよく見えることから、

ついつい店頭に並んでいる通常のサーフボードを購入してしまいがちです。

筆者たっくん
筆者たっくん

自分の感覚で購入したサーフボードは

数回使用しても

『全然、波に乗れない』

と思ったことが度々ありました。

せっかく高価なサーフボードを購入するのですから失敗しないために、

かつサーフィンの上達も早くなるように

ファンボードやソフトボードを選ぶことをおすすめします。

サーフボードを購入する前に、まずサーフィンスクールでよく使用されているソフトボードで、

ボードの感覚をつかみ、ボードが自分に合っているか確認してみてはいかがでしょうか?

初心者にショートボードをおススメできない理由

ショートボードは一般的に、体格に比して長さが短く、幅が狭い形状をしており、軽快な操作性や高い速度を持っています。

しかし、初心者にはその反面、安定性が低く、波に乗ることが難しい場合があります。

ショートボードを乗りこなすためには、波の力や流れを正確に理解し、スピードやバランスの調整が必要です。

また、サーフィンのテクニックやスキルが必要とされます。

サーフィンスクールで確認できること

サーフショップが開催しているスクールでは、サーフィンのインストラクターがコーチしてくれて、スクール時間内にテイクオフが出来るようになったり、立てるようになったりします。

スクールで使用したソフトボードの感覚があればサーフィンの上達も早くなります。

まずはサーフィンスクールに参加してみましょう。

サーフィンスクールの申し込みはこちらのサイトから

全国各地のサーフィンスクールが検索できます

遊び予約/レジャーチケット購入サイト「asoview!(アソビュー)」

サーフィンスクールを申し込む前にスクールの内容を確認

初めてでもテイクオフしやすいソフトボード

ソフトボードは何かカッコ悪いしを購入するのはちょっと

と思ってしまいますがサーフィン初心者は乗りやすさを重視しましょう。

初めてのサーフィンスクールではサーフボードに乗ることが必死だったと思います。

2回目以降のサーフィンスクールでは少し余裕が出来ています。

板の長さ・厚み・幅、そしてテイクオフからボードに立てるまでの感覚がわかれば、このサーフボードが合うか合わないか判断しやすくなります。

動画を参考にすることで分かるケガをしにくいソフトボード

子供でも恐怖感がなく使用できるソフトボードといっても分かりにくいので動画を参考にしてみてください。

筆者たっくん
筆者たっくん

紹介する動画は筆者が実際にソフトボードを借り、娘のサーフィン練習した様子です。

1年期間が空いた3回目のサーフィン。

サーフボードが体に当たっても恐怖感がないため、夢中でサーフィン練習

出来ています。

イメージとして参考にしてみてください。

《ソフトボードでのサーフィン体験動画》

たっくんのサーフィンブログ(@takkun1173) • Instagram写真と動画

進化したソフトボードのメリット・デメリットとは?

サーフィンのソフトボードも近年進化してきています。

以前は、主に初心者向けの安価なボードとして扱われていましたが、

現在では、プロサーファーもソフトボードを使用することがあるほど性能が向上しています。

例えば、より軽量で耐久性が高い素材が使われるようになったり、板の形状やフィンの数などが多様化しています。

また、先端的な技術が用いられるようになり、より高性能であることが期待されています。

ただソフトボードにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

ソフトボードのメリット

初心者にとっては安定感があるため、波に乗りやすく、フォームが柔らかいため安全性が高いということが挙げられます。

また、ソフトボードは、ノーズやテールが太く作られているため、波をつかまえる感覚を簡単に覚えられるという利点もあります。

多くの初心者や中級者にとって、ソフトボードは優れたボードとして認識されており、今後もより高性能なボードが開発されることが期待されています。

デメリットは?

ソフトボードの形状や素材によっては、高性能なボードに比べて操作性が低く、速度感が乏しい場合があることです。

また、高度なテクニックやスピードが求められる場合には、硬いボードの方が適している場合があるという点も挙げられます。

 

例をあげて代表的な2種類のソフトボード

以前のソフトボードは水分を含みやすく海で使用すると重くなっていましたが、

今のソフトボードはそういった問題点も解消され進化し続けています。

今では初心者だけでなく経験者でも小波用に2枚目のセカンドボードとして、サーフボードを購入される方も増えました。

多くのサーフィンメーカーからソフトボードが販売されている中で、

例を挙げてサーフィンメーカー2社のソフトボードを紹介します。

 

  • ビーチアクセスサーフボード
  • ソフテックサーフボード

ビーチアクセスサーフボード

他にも日本発のブランド《ビーチアクセスのソフトボード》も人気です。

【ビーチアクセス】商品紹介サイトはこちらから


ビーチアクセスではソフトボードでもショートからミッドレングス、ロングボードまで多種多様なサーフボードを揃えています。

・初心者の入門ボードから、経験者用のサブボードまで、幅広いサーファーに向けたソフトボード

・サーフィン初心者にもわかりやすい商品説明と豊富な画像で、サーフィンに詳しくない人でも選びやすい。

・大型サーフボードは営業所止め配送が一般的なサーフィン業界で、ご自宅まで無料配送OK

ソフテックサーフボード

Softech SOFTBOARDSソフテック ROLLERローラー 6’6″ソフトボードショートボードファンボードサーフボード 2021年モデル日本正規品 6’6″ BLUE(ブルー)

価格は少し高くなりますが安定感があり、波に乗ることに自信がつき基本的なターンができるようになるので、学習者にとっては非常に乗りやすいボードです。
また年齢関係なく、あらゆる年齢層が楽しめるソフトボードになります。
<ポイント>
長めのサーフボードは安定感がありますが、持ち運びが少し苦労します。
筆者たっくん
筆者たっくん

筆者の子供をサーフィンの体験させた時、

体験用のサーフボードは9’0のソフトボードでした。

サーフボードが長いうえに意外と重かったので、

持ち運びは少し大変でした。

まとめ

【サーフィン・初心者】初めてのサーフボード選びに迷ったら読む!

を紹介しました。

サーフィン初心者は、自分に合ったサーフボードを選び、快適にサーフィンを楽しむことが大切です。

そのためにはサーフボード選びは重要です。

もしあなたがサーフボードの選び方に不安を感じるなら、

ショップやディーラーで相談することをお勧めします。

ショップやディーラーは、プロのアドバイスを提供してくれる場合があり、初心者にとっては心強い存在です。

またサーフボードをレンタルして試してみる のも一つの方法です。

レンタルサーフボードは、様々な形状やサイズが揃っており、試乗することで、自分に合ったサーフボードを見つけることができます。

初めてのサーフボード選びで迷った場合、レンタルして試してみることでサーフボードの特徴もわかりやすくなります。

サーフィンは、初めての人でも楽しめる、素晴らしいスポーツです。

最初は波に乗ることができなくても、少しずつ練習を繰り返すことで、必ず上達します。

失敗や挫折があっても、それを乗り越えることで、自分自身も成長していきます。

ぜひ、サーフィンを通じて、新しい経験を積んでみてください。波の向こう側から見た、初心者の頑張りを応援しています!

Advertisements

コメント