【サーフィン・中級者】サーフィンのレベルUPは技術と知識も必要!

サーフィンに関する豆知識
この記事は約7分で読めます。

サーフィンを始めて数年経った頃

ふと思いませんか?

自分のサーフィンのレベルが今どのくらいだろう?

テイクオフもある程度どんな波でも出来るようになり、

アップスダウンもスムーズに出来るようになった。

そろそろサーフィン中級者かな?

と思うでしょう。

ただ、自分のサーフィンは過大評価しがちで、

自分のサーフィンを撮影してもらい

確認したとき、意外とショックを受けたりします。

サーフィンの初心者や上級者は何となく、

サーフィンのレベルのイメージが出来ますが、

サーフィンの中級者のレベルは

何が出来れば中級者なんだろうと思いませんか?

テイクオフやアップスダウンなど出来るようになったら、

サーフィン中級者になるのでしょうか?

今回はサーフィン中級者のサーフィンレベルについて

★【サーフィン・中級者】あなたのサーフィンレベルは?

★【サーフィン・中級者】何が出来たらサーフィン中級者?

★【サーフィン・中級者】技術だけでなく知識も必要!

この3つの内容で解説します。

この記事を読む事で

サーフィンの中級者のレベルを知り、自分のサーフィンの見直しが出来ます。

【サーフィン・中級者】あなたのサーフィンレベルは?

サーフィンしていると自分のサーフィンのレベルは

どうなんだろうと気になりませんか?

サーフィンを始めてから海に何年も通い続け、

テイクオフが出来るようになり

横に走れるようになってくると

自分はもう中級者になっただろうと

過大評価してしまいやすいです。

サーフィン初心者の時は

テイクオフ、ターン、パドル、ドルフィンなどが

すぐに上達せず辞めようかなと思うこともあります。

《サーフィンを辞めようか迷っている方はこの記事を読んでみて下さい》

でもやっと基本が出来るようになり、

少しずつ波に対し技術と判断力が

レベルアップしてくると

サーフィンがどんどん楽しくなってきます。

さらにサーフィンの技術向上を求め、

海に通う回数が増えてくるでしょう。

サーフィンの練習回数が増えれば、

アップスダウンなどで波のフェイスをコントロールしながら

スピーディーなサーフィンが出来るようになってきます。

やっと初心者から脱出でき

自分のサーフィンレベルは

もう中級者だろうと思うようになります。

そこでサーフィンの何が出来たら中級者になるのか解説していきます。

【サーフィン・中級者】何が出来たらサーフィン中級者?

サーフィン中級者とはサーフィンの技術の何が出来れば、

中級者と呼ばれるようになるのでしょうか?

テイクオフ・アップスダウン・トップターンが出来れば、

サーフィン中級者になるといったイメージです。

では実際にどのくらいの技術が出来れば、

サーフィン中級者なのでしょうか?

目安を知るにはNSAのサーフィン検定の合格ラインを

確認すると、サーフィン中級者のレベルが

どのくらいなのか分かってきます。

サーフィン検定は何級が中級者?

サーフィンの中級者はいろんなサイトの情報などから

NSA3級が中級者になるのではないかと言われています。

NSA3級の合格ラインはカットバックまで

出来る技術があればサーフィン中級者と言われています。

ではNSA3級は、どのくらいのサーフィンレベルなのでしょうか?

検定の時の波の状態によって、

同じ3級に合格できてもレベルの差はあると思います。

ただNSA3級の合格ラインはレベルが高く、

いろんな状態の波を乗りこなせるサーフィンが

出来るといったレベルです。

アップスダウンが出来ると

中級者なるようなイメージですが、そうでは無いようです。

NSA(日本サーフィン連盟)の基準があるので確認してみて下さい。

NSAのサーフィン検定1~5級の規定と合格基準>

サーフィン検定 | NSA 一般社団法人日本サーフィン連盟 (nsa-surf.org)

【サーフィン・中級者】技術だけでなく知識も必要!

サーフィンの中級者は技術だけでなく知識も必要です。

サーフィンの技術は先ほど述べた通りですが

波の知識
サーフボードの知識
自分のサーフィンを知る知識

以上3つの事を知ることで、

サーフィンの総合的なレベルUPが出来ます。

サーフィンの技術プラス知識が加わるとサーフィンに対し、

考え方が初心者サーファーと変わってきます。

波の知識

波の知識はサーフィンのレベルUPに必要不可欠です。

  1. カレント・ボトム・リップ・などのサーフィン用語も理解(他にも沢山あります)
  2. サーフポイントの地形やカレントの位置、波の割れ方などを波チェックしたときに理解し判断できる思考力
  3. 波のポジションニング・波の割れる位置・波の斜面の凸凹に対し、サーフボードをどの位置に持っていくかなど波の状態によって臨機応変な対応力
  4. サーフポイントの潮の動きも把握
  5. 天気図からの風やウネリの見極め

以上の5つのポイントは

サーフィン中級者のほとんどは出来ます。

サーフィン中級者は天気図も読め、

波情報と重ね合わせて、

風の向き、ウネリの向き、

どこのサーフポイント行けば良いかも分かります。

潮の満ち引きなどもサーフポイントによって違い、

潮の満ち引きで波のコンディションが

変わる場合も考えないといけません。

こういったサーフィンに必要な知識は

サーフィンを長年経験していると自然と身につきます。

サーフボードの知識

また波の知識以外にもサーフボードの知識も必要になります。

ボトム、コンケーブ、大きさや幅、丸みや角ばり、厚みの理解
スカッシュ、フィッシュ、ピン、ラウンド、ダイアモンドのテールの種類
フィンの大きさや本数、設定

サーフボードの大きさや形、厚み、フィンの種類など

知ることでどんな波にどのサーフボードが合うかなど

サーフィンのレベルを上げるのに

サーフボードの知識も重要です。

今、使用しているサーフボードが

本当に自分に合っているのか?

合っていれば問題ありませんが、

合ってなければサーフボードを変えることも必要です。

一番は自分の体重とサーフボードの浮力が

合っているかが一番重要です。

サーフショップの定員に勧められて購入したり、

何となく自分が良いと思って購入した

サーフボードを使用するのは卒業し、

本当に自分に合ったサーフボードを選ぶことが重要です。

意外と浮力が変わるだけで自分のサーフィンも変わったりします。

《サーフボード関連記事》

自分のサーフィンを知る知識

自分のサーフィンを知るには

サーフィン上級者などに見てもらい、

アドバイスを受けることが必要です。

それには誰かに協力してもらうか、

サーフショップにお願いして撮影してもらう事です。

今ではサーフィンスクールで撮影などしてくれる

サーフショップも増え、

良い部分と悪い部分を細かく確認することが出来ます。

もし協力してくれる人がいない場合は

サーフショップに一度、確認してみましょう。

自分のサーフィンに対し

撮影・確認・アドバイス・イメージトレーニング

この練習の繰り返しで、

悪い部分をイメージトレーニングで修正し、

実際のトレーニングで直していく。

自分のサーフィンのレベルが分かることで、

何を意識して改善していくのか

サーフィンの動画やYouTubeを

いつも何となく見ていたのが、

自分の悪い部分を意識的に

上手いサーファーのサーフィンを見て

何が違うのか確認しながら見れるようになります。

以上のことを繰り返し行うことで、

頭の中で理解できるようになれば、

あとは練習あるのみ。

海に行く回数と練習量でいつの間にか出来ていた

といった感じになります。

またサーフィンでの練習だけでなく、

陸上トレーニングも必要な場合もあります。

筋力が足りなければ筋トレが必要ですし、

バランスが悪いならサーフスケートの練習なども効果的。

どんなスポーツでも体幹が弱いと

バランスが悪くなります。

筋力やバランスの強化をすると

更にレベルUPするのは間違いなしです。

プロサーファーなどはサーフィンするだけでなく、

そういったトレーニングもしている人がほとんどです。

《サーフィンの技術に関しての記事》

まとめ

【サーフィン・中級者】サーフィンのレベルUPは技術と知識も必要!

について紹介しました。

サーフィン中級者といったサーフィンレベルは、かなり幅広いです。

サーフィンするなら皆が、

サーフィン中級者と呼べるレベルまで

技術を上げたいと思うでしょう。

ただあくまでもサーフィンのレベルであって、

基本はサーフィンを楽しむことが一番です。

形式にこだわるのも良し、

形式にこだわらずサーフィンを楽しむのも良し。

人それぞれ考え方があり間違ってはいません。

あなたがサーフィンに対し納得のいく

サーフィンが出来れば一番良いのですから。

ただ目標をもってサーフィンするなら

サーフィンの検定で上のレベルを求めたいところです。

コメント